グラビティヨガ協会

Courseコースお申込み
Members会員様専用ページ
Contact Us各種お問い合わせ

協会ブログ

グラヴィティヨガの最新情報はこちらから

blog

2017.9.22 / Fri

<初めてのヨーガ哲学vol.11>初めてヨガインストラクターを目指す方へ

 

ヨーガ哲学バナー2 (1)

 

 

YOGAの八支則 2,ニヤマ 【イーシュワラプラニダーナ】

ヨガインストラクター中尾麻友子がお伝えする!初心者のためのヨガ哲学!

今回はニヤマ(観戒、日々行うべき事)のイシュワラプラニダーナです。

 

~~~ヨガの学びを深めましょう~~~~

 

 

5,イーシュワラプラニダーナ

イーシュワラプラニダーナは“自存神への祈願”ということ。

自分の行動と意思を、周りの全ての物に、全ての人類に、
そして神に捧げる、最大限に全世界に奉仕するということです。

 

 

“神に何かを捧げたい”と一言で言っても、
実際、具体的には何をしたらいいのか…?

神とは何処のだれなのか?神は私達が何か捧げるのを、
どこかで座って待っているのか?
など、色んな疑問が湧いてくると思います。

 

 

ここまで“ヤマ・ニヤマ”をお伝えしてきましたが
、これらヨガの教えを実践する時、
まず一番理解しなければいけない大切な事は、この部分だと思います。

 

 

【人間も動物も自然も地球も神も、全てが一つで繋がっているのである】

【全ての建物も家具も食べ物も洋服も、全てが一つで神とつながっているのである】

【この外界の全てが神である】

【神は世界を御自身より作られたのである】

 

 

神とは丁度、太陽のようなもので、暗闇を取り除く光であり、
月が太陽に面した時に輝くのと同じように、
人の魂も、神に面した時に満ち輝くのです。

 

 

神を信じる者は、常に心に光を持っていることが出来るのだと思います。
それをまずは無条件に受け入れてみて欲しいのです。

 

 

そうすると、私達のするどんなことでも
、私達の態度一つでたやすく“神への礼拝”に変わります。

 

 

例えば、身の回りのテーブルにだって椅子にだって、
その他身の回りの何にだって奉仕することが出来ると思います。

 

 

身の回りの全ての物を大切に扱う、
食事をする前に手を合わせて感謝の気持ちを述べる、
そして自分以外の人達の幸せも心から願う時、
それらは同時に“神への礼拝”に繋がるのではないかと思います。

 

 

“神”というと、何かの宗教と捉えられる方もいらっしゃるかとは思いますが、
それを無理強いするわけではありませんし

ヨガは宗教儀式のような社会的行動とは無関係ですから、安心して下さいね。

 

 

だけど、ヨガの教えは仏教やキリスト教に比較出来るほどの奥深さをもっています。
もちろん、他の宗教を否定するものではありません。
あなたが他の宗教を信仰しているなら引き続き信仰を続けて下さいね。

 

 

 

今日一日 ニヤマのイーシュワラプラニダーナを意識して生活してみてください。

素敵なことが沢山おきますように!

 

 

 

writer:協会講師 中尾麻友子

ヨガインストラクター総合コース ヨーガ哲学担当

 

 

他のヨーガ哲学の記事も見てみる

http://gravity-yoga.jp/archives/9069

 

 

➤ Facebook☆
https://www.facebook.com/gravityyoga/
いいねお願いします♪
➤ インスタグラム☆
https://www.instagram.com/gravity.yoga/
フォローお願いします♪

 


□発行者:一般社団法人グラヴィティヨガ協会事務局

□所在地:〒550-0013大阪市西区新町1丁目28-11 安川ビル4F
□お問い合わせメールアドレス: info@gravity-yoga.jp
□協会ホームページ : http://gravity-yoga.jp/