グラビティヨガ協会 グラビティヨガ協会

受付時間 平日9:00-18:00TEL:06-6484-7314 TEL:06-6484-7314受付時間 平日9:00-18:00
Entry各種お申込み
Contact Us各種お問合わせ
Trialコース体験説明会お申込み

協会ブログ

グラヴィティヨガの最新情報はこちらから

blog

2016.11.29 / Tue

<初めてのヨーガ哲学vol.2>初心者からヨガインストラクターを目指す方へ

%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%ac%e5%93%b2%e5%ad%a6%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-1

 

グラヴィティヨガ協会インストラクターの中尾麻友です。今日から一緒に

YOGAの八支則(ヨガの道を進む段階18

を学んで行きましょうね。

 

 

■サンスクリット語とは・・・?

 

 

さて、これからヨガの教えをお伝えしていきますが、

文中、聞きなれない訳の分からないカタカナの言葉が沢山出てきます。

 

 

これは“サンスクリット語”と言われる言語で、

現存する言語の中で最も古いものとして残っています。

又、神、天界で使われる言葉、神の言語ともいわれます。

 

 

言葉の持つ音、文字の形そのものにエネルギーを

持つと言われていますので、初めは聞き慣れなくて読みにくいな、

と感じる方が多いと思いますが、あえてお伝えしていきます。

 

 

■YOGAの八支則(ヨガの道を進む段階18

 

 

1】ヤマ(禁戒、やってはいけないこと)

全人類に共通している、誰にとっても必要な道徳の事です。

 

ヤマの中でも5つの項目があります。

 

 

1,アヒムサー

 

【ア】は否定、【ヒムサー】は暴力や苦痛を引き起こすこと。

 

 

アヒムサーは、行動、言葉、思考により

“暴力を振るわない”ということです。

 

これは、他にも自分にも、そして肉体的にも精神的にも全てにおいて

“非暴力”であることで、調和や平和、穏やかな空気を生み出します。

 

 

これを徹した者のそばでは全ての敵対が止むと言われています。

 

 

ヒンドゥーの神話では、

 

アヒムサーを守る賢者の住む森では、

動物は空腹の時にしか獲物を殺さない、というお話もあります。

 

 

例えば、ヨガの練習をする中で、

 

 

アサナ(ポーズ)の完成形を美しく取ることばかりに、

時間や肉体を費やす方がいますが、

これは自分の肉体への暴力とも言えると思います。

 

 

人それぞれ、骨格や筋力、関節の可動域も違いますね。

無理に力ずくでアサナの完成形を目指すのでは無く、

正しい身体の使い方をまずは理解する事が大切です。

 

 

そうして練習を重ね、努力を続けること、その課程が重要で大切なのです。

そして必要な時に必要なアサナがストンと落ちてくる、

 

いつの間にか出来ていた、ということもあるかも知れませんね♪

 

 

今日一日 ヤマのアヒムサーを意識して生活してみてくださいね。

 

素敵なことが沢山おきますように!!

writer: 協会講師 中尾麻友子

ヨガインストラクター総合コース ヨーガ哲学担当

 

他のヨーガ哲学の記事も見てみる▶http://gravity-yoga.jp/archives/8083

 

 


□発行者:一般社団法人 グラヴィティヨガ協会事務局

□所在地:〒550-0013大阪市西区新町1丁目28-11 安川ビル4F

□お問い合わせメールアドレス: info@gravity-yoga.jp

□協会ホームページ : http://gravity-yoga.jp/