グラビティヨガ協会

受付時間 平日9:00-18:00TEL:06-6484-7314
Courseコースお申込み
Contact Us各種お問合わせ
Trialコース体験説明会お申込み

About Gravity Yogaグラヴィティヨガとは

グラヴィティヨガは、日本生まれの愛あふれるやさしいヨガ、胸を大きくひらき、深く呼吸をする事での
満たされた感覚を全ての人に体感して欲しいという想いから生まれました。

グラヴィティヨガの特徴

グラヴィティヨガの特徴
  • Point1.タッチケア

    日本には「手当て」という言葉があります。母親が子供のお腹が痛い時に優しく温かい手でお腹をなでてあげると、自然と痛みが和らぎ、痛くて不安だった子供の心も落ち着きます。大人になってからでも同じですね。 近年ではタッチケアと呼ばれ、優しくふれられることで触覚神経を通し癒しホルモンであるオキシトシンが視床下部から分泌されることがわかってきました。これにより不安感や痛みを軽減し血圧を安定化させ、うつ病やアルツハイマー型認知症患者、高血圧などの症状緩和に効果があることが証明されています。グラヴィティヨガではそんな「手当て」を取り入れることで硬くなった心と体をケアして行きます。
  • Point2.アジャストメント

    アジャストメント(姿勢修正)では、正しく安全に 的確にポーズ(アーサナ)のアライメントを正し筋肉のバランスを整えながら骨格の歪みを修正します。呼吸に合わせてソフトに圧を加えることでポーズと呼吸を深め、普段意識されない部分にソフトな圧を加えることでリラクゼーションが深まります。閉じていた部分(ブロック)が開いた瞬間、全身の細胞へ酸素と栄養が行き渡り体の中の流れが解放されて体が軽くなるのを感じられます。
  • Point3.声で深める誘導(完全脱力状態へと導く)

    内側の心を解放し、相手に癒しを与え、体を柔らかくほぐすにはイメージが大切。グラヴィティヨガでは言葉の持つエネルギー(言霊)を大切に、誘導して行きます。呼吸の誘導、言葉のリズム、言葉と言葉の間(ま)、声の高低、音量、その言葉のもつ意味(エネルギー)、頭でわざわざ考えさせること無く、心地よく全身に染みこんでくるシンプルな表現を用いています。信頼できるインストラクターの声の誘導はタッチケア&アジャストメント同様、癒しホルモンを分泌させ、脳をリラックスさせる効果があります。レッスンが中盤を越えた頃には、自分が穏やかに鎮静化していることが感じられます。体が完全脱力状態になると、3つの体液循環(血液・リンパ液・脳脊髄液)がスムーズに流れ、自己回復力(自然治癒力)が最大限に発揮されます。体がリラックスすることによって自律神経のバランスが整い深い睡眠を手に入れることができ睡眠の質を改善します。
  • Point4.アングルドボルスターを使って…

    完全な脱力状態(リラックス)を作るため、姿勢を補助するプロップを使用します。プロップの独特な傾斜により尾骨から頭までピッタリと体にフィットし、適度な反発力によって体の両側からマッサージ以上の爽快感が得られます。グラヴィティヨガのポーズには胸を開いたり、背中を丸めたり、体を捻ったりと体のアンバランスを修正し整えるポーズがあります。アングルドボルスターを支点に体軸を合わせ、グラヴィティ(重力)の自然な力に身をゆだねて、ポーズを行います。そうすることで、全身が緩やかに伸ばされながら完全なリラックス状態をつくります。完全なリラクゼーションによって体の中の体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)が流れ出し体の不調を取り除いてくれるのです。

深める誘導 日本は言魂の力によって幸せがもたらされる「言霊の幸ふ国」(コトダマノサキワウクニ)とされました。
グラヴィティヨガでは、この言葉の持つエネルギー(言霊)を大切にし、誘導して行きます。
言葉の持つ意味、言葉の間、言葉のトーン 心地よく全身に染み込む優しくシンプルな表現で心も体も穏やかに鎮静化。

3つの原理 呼吸の速度を遅くさせて…調息。心の働きを鎮める…調心。肉体をリラックスさせて…調身

BOLSTER自重を利用して緩める、整える、作るための補助用具
できないポーズも楽にできる「アングルドボルスター」を使用。

ボルスター
  • POINT1.肩甲骨の内側に収まることで
    胸郭が十分開く
  • POINT2.長時間キープでも脊柱に
    負担が無く心地良い弾力
  • POINT3.仰向けのポーズで腰が反る
    ことなくフィットする傾斜

頑張らないから継続できる!
アクティブシニアに丁度いい「グラヴィティヨガ」

専用のアングルドボルスターが腰への負担を軽減し、体幹を強化!ねじるポーズも無理なく正確に行え、柔軟なからだへ!

ボルスターのより詳しい説明はこちら

グラヴィティヨガは、こんなところで広がっています。

対象者に応じたプログラムが開催されています。

グラヴィティヨガはこれまで様々なメディアに掲載されています!

  • 「さすらいのアラフォー兄さん」で紹介!

  • 「さすらいのアラフォー兄さん」で紹介!

    2013年1月
    朝日放送のお正月特番「さすらいのアラフォー兄さん」でお笑い芸人の千原ジュニアさんとサバンナ高橋さんがグラヴィティヨガを体験されました。

  • MBS毎日放送「プリプリ」で紹介!

  • MBS毎日放送「プリプリ」で紹介!

    2012年11月~12月
    MBS毎日放送で平日の9:55~10:55、毎朝放送されている「プリプリ」。関西の奥様達が気になる新鮮な情報を届けている番組。
    火曜日のダイエット企画のコーナーで、お笑い芸人の海原とも子さんがグラヴィティヨガに挑戦!

  • Pre-mo(主婦の友社)2012年冬号

  • Pre-mo(主婦の友社)2012年冬号

    2012年10月発売
    季刊マタニティ誌「プレモ」の「おうちでできる安産ヨガ」のコーナーで妊婦さん向けのグラヴィティヨガが4ページにわたって紹介されました。
    マタニティヨガに興味がある方、ぜひご覧ください。

  • NOTTV notty★liveで紹介!

  • NOTTV notty★liveで紹介!

    2012年9月
    MCは、タレントのドーキンス英里奈さんと前田公輝さん。
    グラヴィティヨガを体験していただき、グラヴィティヨガのメソッドが紹介されている藤本美貴(ミキティ)さんのらくやせヨガ本をご紹介させていただきました。

  • CanCam 11月号(小学館)

  • CanCam 11月号(小学館)

    2012年9月発売
    産後3ヶ月、グラヴィティヨガで15kgダウンした藤本美貴さんが、ファッション雑誌「CanCam」の別冊付録「美のネタ帳」で、グラヴィティヨガポーズの中から、脚のむくみに効くポーズや美しい姿勢を作るポーズを紹介してくださいました。

  • GLAMOROUS 10月号(講談社)

  • GLAMOROUS 10月号(講談社)

    2012年9月発売
    ファッション雑誌「GLAMOROUS(グラマラス)」で、4ページにわたって「藤本美貴の-14kg最新ヨガ」としてグラヴィティヨガが紹介されました。

  • 本が出版されました!

  • 本が出版されました!

    2012年9月発売
    グラヴィティヨガ協会理事 神谷よしみがヨガ指導・監修
    ミキティが妊娠前よりやせた秘密をギュッと一冊に!1日3分、ポーズをとってヨガ枕に寝そべるだけでOK!
    部分やせも可能な簡単ヨガの決定版!

    【ミキティらくやせの秘密】
    数ある流派があるヨガの中で藤本美貴が取り組んだのはヨガ枕に体をあずけ、重力(=自分の体重の重み)を使って体に負担なく簡単にボディメイキングができるグラヴィティ(重力)ヨガ。
    出産を機にグラヴィティヨガに出会い、無理をすることなく3ヶ月で妊娠前の体重に戻した藤本美貴自身がそのHOW TOを丁寧に伝ます。

  • Fitness Business 58号

  • Fitness Business 58号

    2012年1月発行
    今注目を集めている業界紙「フィットネスビジネス」。
    医療費の破綻が叫ばれる中、お客様・生徒の皆様の利用満足度を高めて病気の予防に取り組む健康産業の仕事を超えた気持ちが詰まった一冊です。
    この中でグラヴィティヨガが1ページ大きく掲載されました。

協会からのご挨拶

"私たちの想い"
グラヴィティヨガは、日本生まれの愛あふれるやさしいヨガ、胸を大きくひらき、深く呼吸をする事での
満たされた感覚を全ての人に体感して欲しいという想いから生まれました
心を込めたきめ細やかな丁寧さと正確さで、呼吸を深めるポーズを中心としたグラヴィティヨガは酸素(プラーナ)をより多く取り込み生命エネルギーを回復させます。
ゆっくりと時間をかけ行うこのヨガは心の“さらに内側”の穏やかで安らぎに満ちた深い静けさを得る事ができます。
またその独自の特徴が多くのメディアや専門誌にも取り上げられヨガスタジオをはじめフィットネスクラブ、カルチャー施設、各種治療院、高齢者施設を中心に、その心地よい感覚と効果で継続性の高いヨガとして、日本全国へと広がっています。
私達の活動がこの世界に住む全ての人の一助となることを心より願います。
一般社団法人 グラヴィティヨガ協会

このページをSNSでシェア

About Gravity Yoga Associationグラヴィティヨガ協会について

HISTORYグラヴィティヨガ協会 沿革

2006年

すべての人が行えるヨガの普及を志し、専門家とのブレーンストーミングを開始

大阪西区にグラヴィティヨガ協会を設立

従来の欧米サイズのボルスターを平均的な日本人体型を基に設計

2007年

ボルスターを使用する寝ポーズと座位のポーズで構成されたグラヴィティヨガ基本形が完成

2008年

試行錯誤を繰り返し、現在のアングルドボルスターが完成

2009年

アングルドボルスターやベルトを利用して行うグラヴィティヨガベーシックプログラムが完成

2010年

現在のグラヴィティヨガインストラクター綜合コース完成 インストラクター全国で育成を始める

横浜ヨガフェスタメインステージやブースでグラヴィティヨガの体験会を実施

2011年

一般社団法人として登記し、広く社会貢献を目指す

グラヴィティヨガをベースにした安全に行えるマタニティヨガプログラム完成

2012年

整骨院、鍼灸院など、ベッドで行う治療院向けパーソナルケアヨガプログラムの完成

全国柔整鍼灸協同組合主催学術講習会、東京・大阪・広島にて高い評価を得る

2013年

初の関西ヨガフェスタにてグラヴィティヨガを実施

マタニティヨガインストラクター養成コース完成 インストラクター育成を始める

2014年~

グラヴィティヨガパーソナルケアセラピスト養成コース完成

セラピスト養成を始めるレッスンDVDの発売開始

ACCESSグラヴィティヨガ協会へのアクセス

名称 グラヴィティヨガ協会 大阪本部
住所 〒541-0054
大阪府大阪市中央区南本町2丁目4番16号デビスビル3階
TEL 06-6484-7314
FAX 06-6484-7315
アクセス 大阪市営地下鉄
・堺筋線/中央線 堺筋本町駅 より徒歩1分
・御堂筋線/中央線 本町駅 より徒歩4分

★船場センタービル内から来られる場合は、5号館と6号館の間の交差点を北へ直進し1筋超えた右手のビルの3階です。
★1階に飲食店『ボノセコンド』があります。