グラヴィティヨガについて―About Gravity Yoga ―

topbana

グラヴィティヨガは 日本生まれの愛あふれるやさしいヨガ

胸を大きくひらき 深く呼吸をする事での満たされた感覚を

全ての人に体感して欲しいという想いから生まれました

心を込めたきめ細やかな丁寧さと正確さで、呼吸を深めるポーズを中心としたグラヴィティヨガは酸素(プラーナ)をより多く取り込み生命エネルギーを回復させます。

ゆっくりと時間をかけ行うこのヨガは心の“さらに内側”の穏やかで安らぎに満ちた深い静けさを得る事ができます。

またその独自の特徴が多くのメディアや専門誌にも取り上げられヨガスタジオをはじめフィットネスクラブ、カルチャー施設、各種治療院、高齢者施設を中心に、その心地よい感覚と効果で継続性の高いヨガとして、日本全国へと広がっています

私達の活動がこの世界に住む全ての人の一助となることを心より願います。

 一般社団法人 グラヴィティヨガ協会

▲このページの先頭へ戻る

グラヴィティヨガのスタイル・特徴

3step

自重(グラヴィティ)により緩め、ボルスターやベルト等のプロップ(補助用具)を使用し、ヨガのポーズ(アーサナ)をより効果的・正確に骨格のアライメントを整えながら行います。

どなたでも出来るよう体に負担のないアーサナ(ポーズ)から始まり、3つの段階で自立した体と自由な心を育みます。

■ゆるめる:まずは硬く緊張した筋肉を自重により弛緩し関節の可動域を広げます

■整える:各種アーサナ(ポーズ)により、またインストラクターのケア&アジャストメントにより整体します

■作る:体が整ったところで姿勢を保つのに必要な筋力を無理なく作ります

 

 

ケア&アジャストメント

gytoha5「手当て」という言葉が日本にはあります。母親が子供のお腹が痛い時に優しく温かい手でお腹をなでてあげると、自然と痛みが和らぎ、痛くて不安だった子供の心も落ち着きます。大人になってからでも同じですね。

グラヴィティヨガではそんな「手当て」を取り入れることで硬くなった心と体をケアして行きます。

 

 

 

gytoha6アジャストメント(姿勢修正)では、正しく安全に 的確にポーズ(アーサナ)のアライメントを正し筋肉のバランスを整えながら骨格の歪みを修正します。

呼吸に合わせてソフトに圧を加えることでポーズと呼吸を深め、普段意識されない部分にソフトな圧を加えることでリラクゼーションが深まります。

閉じていた部分(ブロック)が開いた瞬間、全身の細胞へ酸素と栄養が行き渡り体の中の流れが解放されて体が軽くなるのを感じられます。

❚深める誘導 (完全脱力状態へと導く)

gytoha1内側の心を解放し、相手に癒しを与え、体を柔らかくほぐすにはイメージが大切です。グラヴィティヨガでは言葉の持つエネルギー(言霊)を大切に、誘導して行きます。

呼吸の誘導、言葉のリズム、言葉と言葉の間(ま)、声の高低、音量、その言葉のもつ意味(エネルギー)頭でわざわざ理解させること無く、心地よく全身に染みこんでくるシンプルな表現。

 

レッスンが中盤を越えた頃には、gytoha2頭も心も穏やかに鎮静化していることが感じられます。体が完全脱力状態になると、3つの体液循環(血液・リンパ液・脳脊髄液)がスムーズに流れ、自己回復力(自然治癒力)が最大限に発揮されます。

体がリラックスすることによって自律神経のバランスが整い深い睡眠を手に入れることができ睡眠の質を改善します。

❚アングルドボルスターを使って

gytoha3完全な脱力状態(リラックス)を作るため、姿勢を補助するプロップを使用します。プロップの独特な傾斜により尾骨から頭までピッタリと体にフィットし、適度な反発力によって体の両側からマッサージ以上の爽快感が得られます。

グラヴィティヨガのポーズには胸を開いたり、背中を丸めたり、体を捻ったりと体のアンバランスを修正し整えるポーズがあります。

アングルドボルスターを支点に体軸を合わせ、グラヴィティ(重力)の自然な力に身をゆだねて、ポーズを行います。そうすることで、全身が緩やかに伸ばされながら完全なリラックス状態をつくります。

完全なリラクゼーションによって体の中の体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)が流れ出し体の不調を取り除いてくれるのです。

gytoha4

⇒背骨・肩甲骨・股関節・骨盤の解放

グラヴィティヨガのポーズによって背骨や肩甲骨・股関節がよりよく動き可動域が広がります。

⇒胸郭の解放

胸郭をゆるめることにより、楽に呼吸が出来るようになり全身の細胞すみずみに酸素が送り出され固まった組織が解れていきます。

呼吸が心と体の硬直をゆるめて体への負担を調整する鍵となります。古くからヨガでは生命エネルギーの流れを整えるために呼吸法が重要とされてきました。ヨガで深い呼吸をすることは副交感神経に働きかけ脳からリラックスホルモンを分泌させる作用があります。ヨガのポーズに深い呼吸をあわせることで全身が深いリラクゼーションへと導かれていくのです。

⇒体内(内臓)へのアプローチ

呼吸を司る筋肉が動きやすくなり、呼吸が深まり横隔膜により内臓がマッサージされます。血流を促進し機能を回復させます。

 

グラヴィティヨガの精神

HJ001_350A「グラヴィティ」とは地球の重力という意味があります。

全身の力を抜き心身をリラックスすることで、そのグラヴィティ、地球との一体感を感じることができます。

大地に身を委ね、つながり、全ての存在と調和することで、自然と心が鎮まり安定した状態へと導かれます。

あなたも私も全てをひとつの大きな生命であると知覚する事ができれば、自ずと周りへの感謝や尊敬の気持が生まれてくるでしょう。

何か生き辛いことを抱えているなら一度手放してみましょう・・・幸せを感じているなら周りの人へ拡げてみましょう。

全ては解き放つことでより良い人生へとつながります。

無理をせず心と体の心地良い状態を保ち、いつも穏やかで落ち着いた状態、静寂と共に過ごしましょう。

 

グラヴィティヨガのクラスについて

ヨガラウンジ西麻布     

1 スモール・グループレッスン(6名~9名)

グラヴィティヨガは、少人数でのグループレッスンの中から生まれました。

インストラクター1人で丁寧に指導、ケア・アジャストできる本来のグラヴィティヨガの持ち味を十分感じていただける調度良い人数として7名前後での開催。

 

2 グループレッスン(10名~40名位まで)mikithiyoga3

フィットネス施設でのスタジオプログラムとして、ポーズの取り方・指導がメインとなり、人数の都合上ケア・アジャストは入りません。

 

 

 

3 グラヴィティヨガ・セラピー(1名)SONY DSC

マンツーマンで行う 「ケア・アジャスト」がメインのプログラム

ヨガが初めて呼吸の合わせ方がわからない方や、体の歪みを個別に治したい方、グループレッスンと併せて受けることでより効果的なメソッドです。

4 その他

専用のボディ用アロマオイルを使用し、脳のリラクゼーションを促進する「アロマティック・グラヴィティヨガ」や壁面を利用して体幹や脚力を作りながらしなやかな体つくりをする「壁ヨガ&グラヴィティヨガ」など

グラヴィティヨガをベースに多彩なプログラム展開が可能です。

 

▲このページの先頭へ戻る